読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本買うゆえに我あり

買っただけで満足して何が悪い‼︎

ドストエフスキー『地下室の手記』(新潮文庫)という本

    地下室で書かれた手記なのだろう。地下室というとジメジメした印象を受けるのは私だけかしらん。そんな場所で書く野郎は、根暗な卑屈野郎に違いない。
    手記は日記とは違う。日々の出来事を書き連ねたものではなく、自分の体験や経験を書き連ねたもの。小保方女史の『あの日』も手記という体裁だ。
    自分が体験したことを誇大妄想して、悦に浸るそんな話だと思う。

以上