読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本買うゆえに我あり

買っただけで満足して何が悪い‼︎

保坂展人『相模原事件とヘイトクライム』(岩波ブックレット)

事件からちょうど5カ月目を迎える今月26日に津久井やまゆり園の献花台は閉じられるそうだ。 事件後の報道にはやはり違和感があった。それは事件そのものだけでなく、施設では19歳から70歳までの人が集団生活しているということに誰も突っ込まなかったよう…

磯崎新『日本建築思想史』(太田出版)という本

磯崎新と聞いて、マーマレードボーイを思い浮かべる人がいた。なんでも登場人物の一人が建築家を志しており、磯崎新はその憧れなんだとか。 本書のタイトルは、『日本/建築/思想/史』である。こうしたタイトルを見ると、丸山眞男を思い浮かべずにはいら…

朴忠錫『韓国政治思想史』(法政大学出版局)という本

いま私の目の前に一冊の本がある。『[제2판]한국정치사상사』(『[第2版]韓国政治思想史』)。初版は1982年に刊行され、第2版は2010年に刊行された。来月刊行される本書はおそらく第2版の日本語訳だと思われる。内容に入る前に縦横無尽の参考文献を一目で…

亀山郁夫『チャイコフスキーがなぜか好き』(PHP新書)という本

数ある蔵書の中で、買わなくてもよかった本の一冊かもしれない。がしかし、そんなことはない。 中村紘子が亡くなった。彼女の『チャイコフスキーコンクール』の文庫版解説を本書の著者である亀山郁夫が担当している。それが本書を買う直接のきっかけとなっ…

横田弘『【増補新装版】障害者殺しの思想』(現代書館)という本

この事件を聞いたとき、本書がすぐに思い浮かんだ。今回の事件に引きつけて目次を見るならば、興味深い章や節が目につく。「障害者殺しの事実」、「殺されたほうが幸せか」、「本来あってはならない存在か」、「福祉従事者との話し合い」。 帯文にある森岡…

斎藤美奈子『学校が教えないほんとうの政治の話』(ちくまプリマー新書)という本

裏表紙には次のように書いてある。「政治参加への第一歩は、どっちがホームで、どっちがアウェイかを決めること。」 法哲学者カール・シュミットは『政治的なるものの概念』で、政治を敵と味方を区別することと定義する。いわゆる友敵理論だ。その意味で本…

アインシュタイン/フロイト『ひとはなぜ戦争をするのか』(講談社学術文庫)という本

いま話題の石田純一は昨年夏のデモに参加した際、「戦争は文化ではない」と言って人々の耳目をさらった。この発言はかつての自身の発言とされた「不倫は文化だ」のパロディであり、彼のユーモアを余すところなく存分に披露した。 しかし「戦争は文化ではな…

『文學界』7月号(文藝春秋)

今月号はスゴい!表紙をアレントが飾り、特集は「民主主義の教科書」に、評論に至っては、話題沸騰中の「韓国人は司馬遼太郎をどう読むか」、さらに「アラン・レネ試論」。それだけにとどまらず、エセーには荒木優太と、「ベケットの映画、ドゥルーズの映画…

佐々木毅『政治学講義 第2版』(東大出版会)という本

パラパラとめくって気になること一点。旧版の参考文献では丸山眞男の「科学としての政治学」が挙げられていたけれど、第2版では挙げられていない。それが本文にどう影響しているのか、読んでのお楽しみである。以上

姜尚中・玄武岩『大日本・満州帝国の遺産』(講談社学術文庫)という本

いまさらながら思うけれど、「大日本」というネーミングセンスはどうなのだろう。私が小学二年生のときに、世界で一番大きなクジラの名前は何かと問われて、「大クジラ」と答えたことを思いだす。それぐらい単純過ぎやしないか。 さて、本書は岸信介と朴正…

三野博司『カミュを読む』(大修館書店)という本

「世界は美しい」という背表紙に慰められる。しかし、表紙には残酷な言葉が続く、「世界は美しい。そしてこの外には救いはない」と。 私はつい最近まで『カミュなんて知らない』人間だった。いやカミュと言えば、アルベール・カミュではなく、セイン・カミ…

宮内洋・好井裕明編『〈当事者〉をめぐる社会学』(北大路書房)という本

私はどうやら勘違いしていたらしい。当事者主体、当事者主体と言う割には、当事者無視が甚だしい人々。一体これはどうしたわけか。 彼らのいうトウジシャは当事者ではなかった。統治者だったのだ。統治者主体を彼らはずっと言っていたのだ。日本語ってムズ…

カンタン・メイヤスー『有限性の後で』(人文書院)という本

訳者千葉雅也の師であり、フランス哲学から中国哲学まで手がける「ヤバさ」全開の中島隆博がその誕生を言祝いだのが本書である。 背表紙の帯には「事物それ自体の思考へ」とある。それは「事物それ自体を思考する可能性があるということの証明」らしい。カ…

M・ピカート『沈黙の世界』(みすず書房)という本

沈黙するとは、お口をチャックすること、つまり噤んでいることを言うのだろう。噤んでいるだけか? 噤むということは同時に耳をすますこと、思考することでもある。耳を傾けるその先には何があるのだろう。再び口が開かれるとき、それは思考を停止し、思考…

小森陽一編『夏目漱石、現代を語る』(角川新書)という本

ななななに!漱石が2016年を語るぅぅぅ⁉︎今年は漱石が熊本に来た年から数えて、120年目の節目の年である。 漱石の評論集である。もちろん「私の個人主義」も収められている。「私の個人主義」というからには、「あなたの個人主義」があってもいいのだろう。…

藤田尚志・宮野真生子編『性』 (ナカニシヤ出版)という本

『愛・性・家族の哲学』シリーズの第2巻。副題は「自分の身体ってなんだろう?」。確かに性別は身体を基準に決められてしまう。しかしである。身体を基準に性別を決めているのは、法ひいては政治ではないだろうか。性を、本性あるいは本質ぐらいの意味で使…

先崎彰容『違和感の正体』(新潮新書)という本

思考は違和感から始まる。世界は私と調和していない。いやそもそも私が私自身と調和していないから思考を始めるのかもしれない。 思考を始めるのだろうか、思考が始まるのだろうか。違和を感じるだけでは、思考するのに足りない。違和感に違和に感じること…

熊谷晋一郎✖️大澤真幸/上野千鶴子/鷲田清一/信田さよ子『ひとりで苦しまないための「痛みの哲学」』(青土社)の本

痛みはたびたび哲学で取り上げられる。痛みは極めて個人的なものであるにもかかわらず、人の痛みがわかる(ような気がする)のはなぜかという形で問われる。 しかし人知れず痛みを覚えることもあるだろう。私の下唇と舌にできた口内炎の痛みは決して人に伝わ…

吉永和加『〈他者〉の逆説』(ナカニシヤ出版)という本

帯文から、他者論を推し進めたら宗教に回帰するという逆説を妄想してみた。以下妄想。 他者とは、端的に言って、私にはよくわからないものということである。理解できるものは、自己に属すのであって他者ではない。しかしなぜわからないものがあるのか。 そ…

大塚英志『二階の住人とその時代』(星海社新書)という本

友人からの誕生日プレゼントで500頁もある本書をもらった。一体何を考えているのか。本の海を漂う私に本をプレゼントするとは、勇気ある友人だと思う。副題は「転形期サブカルチャー私史」、オタクである著者についての自伝だろうか。 二階とは、一戸建てと…

『うつくしいひと』という映画

映画『うつくしいひと』。小林秀雄をもじって言えば、「ひとのうつくしさがあるのではなく、うつくしいひとがいるのである。」 熊本を舞台に、熊本に縁のあるキャストで製作された「うつくしいひと」。これは現総理である安倍晋三が使っていた「美しい国」…

中島義道『不幸論』(PHP文庫)という本

幸福を求めて幸福になれるかどうかはわからない。しかし不幸を求めれば確実に手にできる。 不幸を求めて不幸になったら、ただの不幸だ。不幸を求めて幸福になったら、それは希望通りにならなかったということだ。やはり不幸だ。不幸を求めれば確実に不幸に…

藤田尚志・宮野真生子編『家族』 (ナカニシヤ出版)という本

『愛・性・家族の哲学』シリーズの第2巻をすっとばして、第3巻。 家族は一人ではできない。つまり二人以上で可能となるのが家族である。二人以上、すなわち他者の存在から始まるのが家族である。他者と共に在ることを考える上で、家族の考察は不可欠だろ…

『群像』2016年6月号(講談社)という雑誌

2年連続して、たまたま買った雑誌に掲載された作品が芥川賞を受賞した。その作品を目的に買ったわけではない。羽田圭介の「スクラップ・アンド・ビルド」が掲載された『文学界』(2015年3月号)を購入したのは、平野啓一郎と金杭(『帝国日本の閾』で丸山眞男…

佐々木隆治『カール・マルクス』(ちくま新書)という本

本書は人物名を書名としており、そこからして著者だけでなく編集者らの意気込みを感じとってしまう。ことちくま新書は、そうした新書が成功しているように思われる。たとえば重田園江の『ミシェル・フーコー』は、中山元『フーコー入門』とは違う、ゾクゾク…

佐藤雅美『知の巨人 荻生徂徠伝』(角川文庫)という本

本書を書店で見つけられなかった。角川文庫の棚にはなかった。どこにあったかというと、時代小説の棚だった。だから、時代小説を買ったのは初めてかもしれない。 さて本書はハードカバーのときから注目していた。参考文献には、丸山眞男の『日本政治思想史…

橘川俊忠『丸山真男「日本政治思想史研究」を読む(仮)』(日本評論社)という本

「すぐれた研究書はそれ自体ひとつの「世界」をかたちづくっています。あるいはそれ自身として一箇の「小宇宙」といってよいものです。古典ともなった研究書は、そこに盛られた知見そのものがたとえ古びていったとしても、なお生きのこります。テクストとし…

高桑和巳『アガンベンの名を借りて』(青弓社)という本

哲学者アガンベンの著書を訳してきた翻訳者によるアガンベン入門。アガンベンと言えば…………アッカンベー………………よく知らないから買ったのである。以上

藤田尚志・宮野真生子編『愛』 (ナカニシヤ出版)という本

『愛・性・家族の哲学』シリーズの第1巻。 philosophy(哲学)は「知を愛する」を語源とする。では逆に、「愛を知る」とは哲学の反対、反哲学なのだろうか。 愛を知ることもまたphilosophyの営みであるように思う。プラトンの『饗宴』、アレントの『アウグス…

油井大三郎『増補新装版 未完の占領改革: アメリカ知識人と捨てられた日本民主化構想』(東大出版会)という本

学者でも若いイケメンがもてはやされる。しかし私の推しメンは本書の著者である油井大三郎、71歳。三國連太郎激似で、ただただ渋いのだ!買う理由がこれで悪いか!以上

中島義道『不在の哲学』(ちくま学芸文庫)という本

私の部屋に象はいない。これは全く以って正しい。しかし何か違和感が残る。それは私の部屋に象がいることの真偽が問われていること、すなわち真にせよ偽にせよ私の部屋に象がいることが前提にされていること、これだ!私の部屋に象が占める場所なんてそもそ…

巻田悦郎『ガダマー入門』(アルテ)という本

悪いことをしてしまった、悪を為せるのはただ他者に対してのみである。 ある書店の哲学書コーナーで本を眺めていたら、爽やかな青年に声をかけられた、「哲学がお好きなんですか」と。書店で声をかけることもかけられることもまずほとんどない。しかしこと…

熊野純彦『マルクス 資本論の思考』(せりか書房)という本

本書は前回言及した熊野純彦の主著と言っていいだろう。惚れ惚れする美しい本である。書店で見かけたら、ぜひ色あい、手触り、重さを感じて欲しいとともに、本書を書きながら、ハイデガーの『存在と時間』、カントの三批判書を並行して訳す人間が同じ時代を…

河合香吏編『他者 人類社会の進化』(京都大学学術出版会)という本

裏表紙の帯には本書の意気込みが書かれている。「今日「他者」は諸学問の流行テーマである。しかし本書はそれらの議論とは一線を画す。すなわち、一切の思弁を排し、ヒトとサル(そして他の動物)の参与的な観察事例にこだわった厳密な経験科学として、「他者…

荒木優太『これからのエリック・ホッファーのために』(東京書籍)という本

「勉強なんか勝手にやれ。やって、やって、やりまくれ!」という帯文はまさにその通り!勝手にやるさ!私が日本政治思想史家の丸山眞男について調べ始めたのもまさにそう。大学教員に丸山について質問したところ、丸山なんて読む必要がないと言われたのがキ…

『災害支援に女性の視点を!』(岩波ブックレット)という本

「東日本大震災の教訓を生かすために」 震災によるストレスからパートナーへの暴力に発展した。避難所では性別役割が固定化して、女性たちが疲弊した。みんなが生きるために読まれるべき本。以上

坂爪真吾『セックスと障害者』(イースト新書)という本

この著者にして、この著書あり!帯の写真には『切断ヴィーナス』!待ちに待った本だ!しかし障害者と性について私は複雑な気持ちになる。 障害者と一口に言っても、身体、知的、精神など、さらには男性と女性、それらにカテゴライズされない性的マイノリテ…

鷲田清一『ひとはなぜ服を着るのか』(ちくま文庫)という本

タイトルからしてソソられる。肌を守るためとかそういうことではなさそうだ。帯文の「ファッションは魂の皮膚である!」にはシビれた。おそらく服の機能どはなしに服の意味の探究だろうか。 ひとは毎日、なんらかの服を着ている。数ある生地、色、メーカー…

宮下志朗 小野正嗣『世界文学への招待』(放送大学教育振興会)という本

今年度から開講された放送大学のテキスト。芥川賞作家にして、『林修の世界の名著』に三度の出演を果たした小野正嗣が初回を務める。 当たり前といえば当たり前だが、「世界」の中に「日本」は含まれている。だから「世界文学」の中にも「日本文学」が含ま…

長島要一『森鷗外』(岩波新書)という本

副題は「文化の翻訳者」。翻訳者としての森鷗外に焦点を当てたものだろうか。 翻訳者が有名な作家であることはそんなに珍しくないかもしれない。たとえば村上春樹も翻訳者にして世界に知られた作家だ。してみれば、翻訳という営みには何かグレートなことが…

加島祥造『「おっぱい」は好きなだけ吸うがいい』(集英社新書)という本

真意を測りかねるタイトルだ。女性が手に取ることも考慮しているだろうから、そのままの意味で受け取ってはいけない、たぶん。「おっぱい」と鉤括弧をつけるあたりからしても、比喩なのだろうと思う。やりたいことをやれ!ということか?にしても他に言い方…

ドストエフスキー『地下室の手記』(新潮文庫)という本

地下室で書かれた手記なのだろう。地下室というとジメジメした印象を受けるのは私だけかしらん。そんな場所で書く野郎は、根暗な卑屈野郎に違いない。 手記は日記とは違う。日々の出来事を書き連ねたものではなく、自分の体験や経験を書き連ねたもの。小保…

安西信一『ももクロの美学』(廣済堂新書)という本

副題は「〈わけのわからなさ〉の秘密」。モノノフの著者がももクロの魅力を語った本なのだろう。 帯文には「偶然を必然に変えるエビぞりジャンプ!」とある。たしかにあのレッドのエビぞりジャンプには私も見惚れたことがある。ももクロはみんな動く動く。…

『青春と読書』2016年4月号(集英社)という雑誌

『漱石のことば』の刊行を機にした、著者の姜尚中と小森陽一の対談を目当てに買った。 漱石研究者の小森陽一は『壊れゆく世界と時代の課題』で、「姜尚中が最近、漱石論者になっている」と気になっている様子だった。はてさて対談や如何に?以上

土屋惠一郎『世阿弥 風姿花伝』(NHK出版)という本

能に関心はない。ただ著者の名前にムムムと来て買っただけだ。著者は功利主義者ベンサムの研究者だったのだが、能についての著書もあり、それが芸術選奨新人賞を受賞している。世の中にはすごい人がいたものである。以上

開一夫『赤ちゃんの不思議』(岩波新書)という本

吾輩は独身である。子どもはまだない。 帯や各章の扉絵に描かれた赤ちゃんが可愛かった。どれほどカワイイかはぜひ手に取って確認して欲しい!以上

永江朗『新宿で85年、本を売ること』(メディアファクトリー新書)という本

紀伊国屋書店新宿本店には一度だけ行ったことがある。NHKのドキュメント72時間でも取り上げられた。聖地の一つと行ってもいいのかもしれない。 著者の分野は「哲学からアダルトビデオまで」多岐に渡るが、『本を読むということ』など本に関する著書は面白…

杉田俊介・瀬山紀子・渡邉琢『障害者介助の現場から考える生活と労働』(明石書店)という本

豪華な執筆人だ。 立岩真也が「身体に良き本」として挙げた『介助者たちは、どう生きていくのか』の著者である渡邊琢、同じく「身体に良き本」として挙げられた『無能力批評』の著者の杉田俊介、『福祉と贈与』で福祉社会学会賞奨励賞を受賞した深田耕一郎…

トーベ・ヤンソン『ムーミン・コミックス・セレクション』(ちくま文庫)というマンガ

ご存じ、ムーミン!訳者は冨原眞弓。訳者はシモーヌ・ヴェーユという哲学者の研究者として知っていたが、『ムーミンを読む』などの著書もある。 知り合いにフーミンと呼ばれる人がいて、てっきりムーミンから名づけられたのだと思っていたが、実は細川ふみ…

プラトン『ソクラテスの弁明』(光文社古典新訳文庫)という本

本書を「百獣の王」こと武井壮が推していた。 翻訳はいくつかあるが、光文社古典新訳文庫を推す。訳者は納富信留。プラトンに関する著書があるだけでなく、国際プラトン学会前会長…すごくねぇ⁉︎以上